2014年08月05日

「弱点がない」ことが「弱点」となることがある。

●「弱点がない」ことが「弱点」となることがある。

「弱点」があったほうが、謙虚になれる。

「弱点がない」と思っている人は傲慢だ。

傲慢がゆえに成功しない。

だから、「弱点がない」ことが「弱点」なのだ。

自分の弱点を意識し、それを上回る「強み」を持つ、それが正解!


posted by ホーライ社長 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 感心したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

あなたは治験のプロ?

脳梗塞で右半身不随と言語障害になり、ほぼ寝たきりの母の転院手続きが始まった。

この手続きを半分、ボケている84歳の父に任せることはできないので、また、僕は新潟に帰省する。

高齢化社会が当たり前なったら、いろんなサービスが「仕事」になって、雇用を増やすことだろう。

でも、今のところでは、「体がきついわりには給料が安い」ということで介護福祉士は少なくなっている」らしい。

患者の下の世話をするのは「ビジネスだから」と割り切ってやるプロも気持ちは分かるし、「本当にお年寄りのため」という人の気持ちも分かる。

患者サイドに人間からすれば、患者が快適に過ごせるなら、どちらのタイプでもいいと、最近、思い始めた。

いろんな世界にプロはいて、プロにはプロの仕事のやり方があるもんだと、この3か月の母の介護で知った。

あなたは治験の世界では、どんなタイプのプロ?
posted by ホーライ社長 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 感心したこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。