2014年08月24日

ひとを批判することの難しさ

僕は研修中によく「相手の立場に立って」という言葉を使う。

たとえば、「ビジネス文書は相手の立場に立って(読み手の立場に立って)書いたほうがいいよ」とかね。

でも、本当は「相手」の立場に立つことほど難しいことはない。

僕にはあなたの頭痛の痛さが分からないし、あなたに僕の頭痛の痛さを100%伝えることは不可能だと思っている。

だから、僕は、あまり他人を批判しないように努めている。

「僕だって、あなたの立場だったら、きっと、同じことをしていたと思うよ」と言うのが精一杯だ。

人は、それぞれの立場でそれぞれの考えで生きている。

そういう、簡単なことが分かったのがつい最近だなんて、僕は一体、何を考えていたんだろう、と思ってしまうよ。

posted by ホーライ社長 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のため息 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404264684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。