2014年08月13日

僕という人間の最後の誇りとして。

●生きるということはさ、(なんて、大上段に構えるのもなんだけど)、自分を信じる、ということなんじゃないのかな。

もちろん、自分を信じないで宗教を信じるとか、誰かのアドバイスを信じるとか、なんでもいいんだけど。

でも、一番、大切なことは、自分を信じてあげる、という切ない話じゃないだろうか。

自尊心を失ったら、何を糧に生きたらいいんだろう?

他人の言葉?

誰も、僕のことなんか信じてないんだから、せめて、自分だけは自分を信じてあげたい。

僕という人間の最後の誇りとして。

自分を信じないで、何を信じたらいいの?


posted by ホーライ社長 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。