2014年08月09日

全てが移ろいでいく

愛する人のために全てを捨ててもいいと思った瞬間もあったはずなのに、ちょっとしたことで、その人が急に色あせて見えることがある。

どうしてだろう?

愛するものが人が対象でなくても同じことがいえる。

時間を忘れて熱中していた仕事が、ある日、急に悪夢から覚めるように熱が下がる。

僕はまさに「熱しやすく、冷めやすい」

ただ、色あせた人でも、熱が冷めた仕事でも、何かしらを僕の体内に残していくことだけは間違いない。

それらが僕の体内、心に「おり」のように積み重なって僕を形成している。


「あの素晴らしい愛をもう一度 」
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=CAtHvMP0QFw


もう、きみと僕の心は通わなくなったの?


posted by ホーライ社長 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の泣き言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック